文字サイズ

清和綜合建物

沿革

清和綜合建物の半世紀 50年以上にわたる清和綜合建物の歴史を、数々の物件とともにご紹介します。
1957年(昭和32年) 10月 「清和興業株式会社」設立、資本金1,500万円
1958年(昭和33年) 9月 「堂島第一ビル」が竣工、第一銀行(現・みずほ銀行)店舗として賃貸供用第1号
1962年(昭和37年) 4月 「南浦和アパート」が竣工、第一銀行(現・みずほ銀行)社宅として賃貸供用第1号
11月 資本金6,000万円に増資
1963年(昭和38年) 9月 小石川の土地を竜門社(現・財団法人渋沢栄一記念財団)より購入
1965年(昭和40年) 6月 「青朋ビル株式会社」を設立
1976年(昭和51年) 11月 資本金を1億2,000万円に増資
1982年(昭和57年) 10月 創立25周年
1989年(昭和64年・平成元年) 2月 「株式会社清和クリエイト」を設立
9月 資本金を7億9,500万円に増資
1994年(平成6年) 10月 「鶴見ハートビル」の管理業務を受託、ビル管理受託第1号
1998年(平成10年) 9月 第一勧業銀行(現・みずほ銀行)から不動産10物件を購入
2003年(平成15年) 7月 「グランハイツ池尻」が竣工、"グランハイツ"シリーズ第1号
2004年(平成16年) 2月 「ドミールコート湘南台」が竣工、"ドミールコート"シリーズ第1号
6月 社名を「清和綜合建物株式会社」に改称
12月 「株式会社日比谷ビルディング」と合併、資本金10億円に
2005年(平成17年) 1月 みずほ銀行から不動産3物件を購入
4月 「ISO9001」(品質管理マネジメントシステム)認証を取得
2006年(平成18年) 2月 資本金12億2,500万円に増資
4月 「ステラメゾン阿佐ヶ谷」が賃貸開始、"ステラメゾン"シリーズ第1号
2007年(平成19年) 6月 BCM委員会を設置
10月 創立50周年
2008年(平成20年) 9月 セイコーホールディングスグループの物件管理受託を開始
2011年(平成23年) 5月 「虎ノ門清和ビル」で日本政策投資銀行のGreen Building認証を初取得
2012年(平成24年) 4月 兜町ビル西側壁面に“兜町ビルの歴史〜銀行発祥の地”パネルを展示
日本政策投資銀行BCM格付「防災及び事業継続への取り組みが優れている」の認証を取得
9月 NTTル・パルクと共同でコインパーキング事業を開始
10月 東京都「企業の森」制度に参加し、森林整備に関する協定締結
2014年(平成26年) 8月 「ISO14001」(環境マネジメントシステム)認証を取得
2015年(平成27年) 7月 「清和梅田ビル」が日本政策投資銀行のGreen Building認証(オフィスビル版)“5 stars”を取得
12月 日本政策投資銀行BCM格付「防災及び事業継続への取り組みが特に優れている」(最高ランク)の認証を取得
2016年(平成28年) 1月 「パークハビオ目黒リバーサイド」が日本政策投資銀行のGreen Building認証(レジデンス版)“4 stars”を取得
7月 「グランハイツ高田馬場」が日本政策投資銀行のGreen Building認証(レジデンス版)“4 stars”を取得
9月 「淀屋橋センタービル」が日本政策投資銀行のGreen Building認証(オフィスビル版)“4 stars”を取得
2017年(平成29年) 2月 「グランハイツ白金」が日本政策投資銀行のGreen Building認証(レジデンス版)“4 stars”を取得
「日比谷ビルディング」が日本政策投資銀行のGreen Building認証(オフィスビル版)“5 stars”を取得
10月 完全子会社「株式会社清和クリエイト」を吸収合併
創立60周年
page top